アクティブラーニングのための小中学生起業家教育プログラム
読み込み中...

アクティブラーニングのための小中学生起業家教育プログラム

起業家教育プログラム(啓明学園中学校)

実施概要

実施校 啓明学園中学校
実施期間 2021年1月~2021年3月
実施時間 45分×8コマ
実施学年 中学3年生
監修 株式会社セルフウイング
協力 三井住友銀行(銀行役)

グローバルスタディーズ0という授業の中で本プログラムを行い、クールジャパンな海外の中学生へのお土産というテーマで、各社クールジャパンとは何か考え、商品を企画・製造し、模擬通貨で販売を実施しました。

プログラムの流れ

  1. プログラムの説明 [0.25コマ]
  2. 会社ができるまでの流れ [0.25コマ]
  3. 会社をつくる(会社名・役職を決める) [0.25コマ]
  4. 課題の発表 [0.25コマ]
  5. 商品企画を考える [1コマ]
  6. 事業計画書をつくる [2コマ]
  7. 銀行へ融資相談 [1コマ]
  8. 商材の仕入れ [1コマ]
  9. 商品製造・宣伝ポスター作成 [各自実施]
  10. 宣伝・販売 [1コマ]
  11. 決算 [0.75コマ]
  12. 振り返り [0.25コマ]

主要プログラムの様子

テーマ

クールジャパンな海外の中学生へのお土産

  • 事業計画

    プログラムの様子の写真1
    クールジャパンな海外の中学生へのお土産というテーマから、問屋の商材を確認し、どのような商品を作ることができるのかを考え、事業計画を立てていきます。
  • 融資

    プログラムの様子の写真2
    三井住友銀行 多摩法人営業部様にご協力いただき、実際に融資を担当されている銀行員の方へ融資相談を行いました。
  • 販売

    プログラムの様子の写真3
    自分の会社以外の生徒に販売を実施します。お客様となった生徒は、会社ごとに異なる「クールジャパン」の考え方や商品を見比べ、購入していきます。
  • 決算

    プログラムの様子の写真4
    各社ごとに、売上金額や利益の目標と実績を表にまとめ、黒板に張り出し、クラス全体で数字の確認を行いました。また、売り上げた金額と金庫に残っている金額が違う会社もあり、お金の管理の大切さについても学びました。

参加者からの声