アクティブラーニングのための小中学生起業家教育プログラム
読み込み中...

アクティブラーニングのための小中学生起業家教育プログラム 学校関係者向け

小中学生の「生きる力」を育成する
起業家教育では、
点数だけでは測ることができない
非認知能力の育成を目指します。
早期起業家教育は
アクティブラーニングや探求教育としても
非常に有効です。

学校教育との関係

早期起業家教育とは

早期起業家教育とは、小中学生の「生きる力」を育成する教育手法です。

当事業では、変化や失敗から学べる、目標に向かって進む力、最後まで諦めない力、自分の力でやり切る力など、点数だけでは測ることができない非認知能力の育成を目指します。

早期起業家教育はアクティブラーニングや探求教育としても非常に有効です。

起業家教育と学習指導要領との関係

現行学習指導要領では、子どもたちの「生きる力」の育成を目指しており、変化の激しいこれからの社会を生きるために、確かな学力、豊かな人間性、健康・体力の知・徳・体をバランスよく育てることが求められています。また、今後、生産年齢人口の減少、グローバル化の進展や絶え間ない技術革新等により、社会や職業の在り方そのものも大きく変化する可能性が指摘される中、そうした厳しい挑戦の時代を乗り越え、未来を切り拓いていく力が必要とされています。

このような中、各学校では、学習指導要領を踏まえ、例えば、将来、社会の中で自分の役割を果たしながら、自分らしい生き方を実現するためのキャリア教育や、思考力、判断力、表現力などを高めるための言語活動の充実などに取り組まれているところです。また、学校支援地域本部やコーディネーターによる地域と連携した実践的な教育も進んでいます。「生きる力」を育むこれらの取り組みとあわせて、チャレンジ精神、積極性を向上し、自己肯定感を高めるなどの効果が期待される教育手法が「起業家教育」です。

起業家教育導入により期待される学習効果

起業家教育は、起業家や経営者だけに必要な特殊な教育ではありません。高い志や意欲を持つ自立した人間として、他者と協働しながら、新しい価値を創造する力など、これからの時代を生きていくために必要な力の育成のための教育手法です。チャレンジ精神、創造性、探究心等の「起業家精神」や、情報収集・分析力、判断力、実行力、リーダーシップ、コミュニケーション力等の「起業家的資質・能力」の育成を目指すものです。

起業家教育の充実は、今後いっそう必要とされている、課題の発見と解決に向けて主体的・協働的に学ぶ学習(いわゆる「アクティブ・ラーニング」)の充実にも寄与するものであると考えられます。また、起業家教育の実施により学校と地域社会との繋がりが強化され、特色のある学校教育が実現します。起業家教育の活動は児童生徒の目線を世界に広げ、グローバルに活躍する人材の育成にもつながります。

学校教育との関係

支援事業の紹介

1. 本事業の目的

東京都では、2024年度までに都内の開業率10%の達成に向け、起業家の裾野を拡大するための取組を実施します。
将来自分がやりたいことを実現するための手段として、選択肢に「起業」をいれる人の数は、まだまだ少ないのが現状です。
今後、都民の方にとって、「起業」そのものを、身近な存在としてもらうためには、早期教育段階から、起業について知る機会を持つことが重要です。
そこで、将来、小中学生が仕事を選ぶ際に、「起業」が選択肢の一つになるよう、都内の小中学校に対し、会社の設立、商品開発、販売などを体験する起業家教育の導入及び実施を支援します。

2. 支援概要

(1)相談窓口の開設

起業家教育の効果や他の導入事例などについて、都内小中学校の教職員からの相談に電話・メールで対応するとともに、詳細な説明が必要な場合は学校訪問を行います。

電話番号:03-5840-7603(平日10時から17時まで)
メールアドレス:kigyouka-kyouiku@lab-kadokawa.com

(2)起業家教育プログラム策定・実施支援

  • 募集

    7月1日開始
    9月30日終了

  • 支援校決定

    目安:10月

  • 策定支援
    (決定後随時)

    ・プログラム原案提案

    ・学校側の希望に沿ったプログラムカスタマイズ

    ・協力企業等の提案・交渉

  • 実施支援

    ・授業実施における配布物/教材の準備

    ・担当教職員へのアドバイス

    ・協力企業等との交渉

都内の小中学校が起業家教育プログラムを導入・実施するにあたり、授業等における内容の検討から準備、実施までをサポートします。

※支援規模は10校を予定し、支援の単位は学年単位とします。
※授業実施等に要する費用は、原則、東京都が負担しますが、文房具等、プログラム実施に必要な物品の一部についてご用意いただく場合があります。
※本プログラムは株式会社セルフウイングが監修します。