アクティブラーニングのための小中学生起業家教育プログラム
読み込み中...

アクティブラーニングのための小中学生起業家教育プログラム

起業家体験イベント④小学生向け

実施概要

タイトル 起業家体験イベント④小学生向け
会場 Startup Hub Tokyo
日時 2019年8月24日(土)、25日(日)
対象学年 小学校4年生~6年生
実施時間 10:00~18:00
監修 セルフウイング
協力 日本政策金融公庫(銀行役)

5〜6人を1チームとして、会社の設立から資金調達、原材料の仕入れ、商品開発、販売・決算までの以下の流れをグループで体験しました。

プログラムの流れ

  1. 自己紹介
  2. 会社をつくる(会社名・役職を決める)
  3. 商品企画を考える
  4. 事業計画書をつくる
  5. 銀行への融資相談
  6. 商材の仕入れ
  7. 商品製造と広告宣伝(各社でCM)
    ※サンプルのみ製造
  8. 販売
  9. 決算
  10. 振り返り・総括

主要プログラムの様子

テーマ

東京オリンピック・パラリンピック2020で来日する外国人の方に東京をアピールできるようなお土産

  • 会社づくりの流れ

    プログラムの様子の写真1
    会社設立の流れを各社で話し合いながら考えます。各社流れは様々です。
  • 融資

    プログラムの様子の写真2
    銀行へ融資を申し込みます。銀行は事業計画書を基に商品のコンセプトや単価の設定、市場ニーズ等について確認し、質問します。
  • 広告宣伝

    プログラムの様子の写真3
    各チームが商品とポスターを使い、顧客となる保護者の方に対してPRします。
  • 販売

    プログラムの様子の写真4
    販売の様子を小池都知事が視察しました。各社とも知事に対して商品の説明を行いました。
  • 起業家講演

    プログラムの様子の写真5
    小学6年生で起業したケミストリークエスト株式会社米山維人代表取締役社長に、起業に関する体験等についてお話いただきました。

参加者からの声

保護者からの声