アクティブラーニングのための小中学生起業家教育プログラム
読み込み中...

アクティブラーニングのための小中学生起業家教育プログラム

起業家体験イベント③中学生向け

実施概要

タイトル 起業家体験イベント③中学生向け
会場 Startup Hub Tokyo
日時 2019年8月17日(土)
対象学年 中学校1年生~3年生
実施時間 10:00~19:00
監修 セルフウイング
協力 日本政策金融公庫(銀行役)

5〜6人を1チームとして、会社の設立から資金調達、原材料の仕入れ、商品開発、販売・決算までの以下の流れをグループで体験しました。

プログラムの流れ

  1. 自己紹介
  2. 会社をつくる(会社名・役職を決める)
  3. 商品企画を考える
  4. 事業計画書をつくる
  5. 銀行への融資相談
  6. 商材の仕入れ
  7. 商品製造と広告宣伝(各社でCM)
    ※サンプルのみ製造
  8. 販売
  9. 決算
  10. 振り返り・総括

主要プログラムの様子

テーマ

東京オリンピック・パラリンピック2020で来日する外国人の方に東京をアピールできるようなお土産

  • 役職決め

    プログラムの様子の写真1
    グループワークの開始です。お互いの得意なことなどメンバーの個性を尊重しながら話し合いを行い、役職を決めます。
  • 事業計画書の作成

    プログラムの様子の写真2
    販売する商品の仕入額、単価、および販売目標数を設定し売上と利益目標を立てます。
  • ポスター製作

    プログラムの様子の写真3
    商品をPRするポスターを作成します。
    訴求ポイントをわかりやすく伝えられるように工夫しながら作成します。
  • 決算

    プログラムの様子の写真4
    銀行に対し、融資を受けた借入金に利子を加えた額を返済します。商品の売れ行きが悪く、返済できない会社もありました。

参加者からの声

保護者からの声